電話の苦手意識をなくすには情報収集・実践・意識改革が重要です

電話の都度、情報収集を

 電話が苦手という意識を持っている人は、あらゆる不安が頭の中を駆け巡ってしまう傾向があります。つまり、余計な心配をすることが多いのです。しかし、電話対応をすれば失敗があるのは当然。みんなそれを経験して、電話の苦手意識を無くしていくのです。

 つまり、実践を積み重ねなければ電話対応は上手くならないのですが、早く上手くなりたいなら、電話をする度に情報を集めることを怠らないようにしなければなりません。

 長い社名や聞き取りづらい社名や名前、仕事関係であれば専門用語など、電話で情報を得たら、「変な社名」などの感想で終わらせるのではなく、それをメモに取るなどし、情報として蓄積していくのです。そうすれば、次第にわからない用語や単語も減り、電話対応もスムーズにできるようになるでしょう。

確認することをためらわない意識を

 そもそも、「聞こえなかったらどうしよう」などと、極端に怯えるから、いつまで経っても電話の苦手意識がなくならないのです。聞こえなかったら、聞き返せばいい。

 この意識を最初から持っておいてください。電話対応が上手い人は、これを自然にこなしています。「聞こえないことがあって当たり前」という意識を持っているのです。

 また、中途半端な聞こえ方をした時は、「〜ですか?」と、こちらから確認するように尋ねてみてもいいでしょう。あなたがそう聞かれたとしても、「失礼なやつだな」なんて思いませんよね?相手ももちろん思っていません。
 
 極端な話、「聞こえなかったら、相手の滑舌が悪い」くらいに思ってしまってOK。気楽に電話対応することを心がけることからスタートしてください。

就職前にテレアポのアルバイトで鍛えてみる

 どうしても電話対応が苦手であり、それを克服してから就職したいというのであれば、就職前にテレホンアポインターのアルバイトをしてみてはどうでしょうか。短期でできるところもあります。社会勉強にもなりますし、これで鍛えられれば電話の苦手意識なんてすぐに克服できてしまうでしょう。

 まさに一石二鳥のアルバイト。就職が決まってから入社日まで時間があるのであれば、そうした人もこのような仕事で鍛えておくことはメリットが大きいと思います。

【関連記事】
入社手続きで忘れてはいけない書類・必要な手続きとは?
高卒者の入社後の挨拶は、他の社員に好印象を与える大きな手段
本当の試験はここから始まる!!内定後の過ごし方が重要な理由は?
試用期間は何のために設けられているのか?乗り切る方法は?

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る